いろんなことに使える紙袋を通販でゲット!豊富な種類の中から選ぼう

興味のない人にも情報を

チラシ

紙媒体の情報を活かす

ホームページやSNSの発展に伴い、紙媒体のチラシや資料が激減している時代になりました。確かにこれらは便利ですし、資源やコストの面でも非常に便利なものです。しかし、ホームページ・SNSは「見たい人に届くサービス」と捉えることもできます。興味関心がある人はすでに自らその情報を獲得しようとするものです。広報を行う上での課題は「いかに興味がない人に情報を届け関心を持ってもらうか」という点にあります。これについては、紙媒体のチラシ類を各家庭へポスティングするという方法が非常に効果的です。この場合、ターゲットとするエリアに、ローラー作戦的にチラシ類をポスティングしますので、否が応でも情報が各家庭に届くことになります。ちなみに、その地域の状況を知っていれば、新興住宅地には子育て世帯が多いとか、古い住宅が多い地域は高齢者世帯が多いなど、ある程度の見立てをしたポスティングが可能です。また、自治体のホームページなどでは、町内会ごとの人口統計が掲載されていることがありますので、この辺りを参考にする手もあるでしょう。では、このポスティングを誰がするかということです。自社スタッフによるものも方法の一つですが、これを専門の業者への委託を検討してみるのも良いでしょう。そうすると、前述のある程度の見立てをしたところでのポスティングもスムーズに行うことができます。業者によってさまざまなプランがありますが、おおむね1枚ポスティングするのに3〜8円ということが多いようです。ただし、最低枚数が1万枚などと決まっている場合もありますので、詳細は業者と相談しながら決めていくことになります。

Copyright© 2018 いろんなことに使える紙袋を通販でゲット!豊富な種類の中から選ぼう All Rights Reserved.